保険診療について

保険診療による業務範囲と柔道整復術

「運動器に加わる急性・亜急性の原因によって発生する各種の損傷に対する施術」であり、骨・筋・関節を主体とする運動器に各種の外力または自家筋力により生じた骨折・脱臼・捻挫・打撲や軟部組織損傷の「患部」あるいは「受傷部」に「施術」するものです。

治療内容・後療法について

接骨院の施術方法は、大きく分けて3つあります。骨折や脱臼でずれたり外れたりした骨をもとの状態にもどす「整復法」。骨折や脱臼、捻挫等の患部を固定する「固定法」。そしてケガからの回復をうながすために患部やその周辺にさまざまな刺激を加える「後療法」です。
人間には本来、自らケガや病気を治そうとする力(自然治癒力)が備わっています。この自然治癒力を最大限に引き出してできるだけ早くケガを治すことが、接骨院の目的です。
後療法では、手を使って刺激を加える「手技療法」だけでなく機械を用いた「物理療法」も行います。電気を使うもの、超音波を使うものなど、さまざまな種類の機械があり、患者さんの状態に適した機械を選んで施術します。
また、「手技療法」の長所としては、患者とのコミュニケーションがとりやすいこと、スキンシップによって患者との信頼関係を作りやすいことなどがあげられます。

交通事故の自賠責保険について

みやくに接骨院では健康保険による治療の他、自賠責保険を使った治療も行っております。むちうちや痛めた部位は早い段階での治療の開始が早い回復につながると思います。お気軽にご相談ください。

みやくに接骨院~宮古島リラクゼーション&マッサージ~